三宅島ダイビング&BBQツアー2017.7.28FRI~7.30SUN

July 31, 2017

 

 夏恒例、三宅島の旅です。

梅雨が明けたとたんに、台風があちらこちらでポコポコと発生し、開催を危ぶまれた今回のツアーでしたが、皆さんの行いが良いのかどうかは知りませんが、無事に全行程を行う事ができました!

いつも通り、金曜夜発の東海汽船にて三宅島へと向かいます。

 東京湾内は、快適なクルーズ。各々夜景を楽しんだり、ビールを飲んだり、はたまた寝てたりと・・・

 橘丸甲板にて

 夜2時を過ぎた頃。ちょうど船が大島を過ぎたあたりからでしょうか・・・

船の激しい揺れに目を覚ました人も多かったようで・・・

まぁ、台風がすぐそこにいるから仕方ないですね。

 三宅島錆が浜港にて

 さてさて、早朝5時。条件付き出港だった橘丸は無事三宅島に到着。

なんだかんだで、 

ほとんど寝れて無い人もいたようですが、とりあえず島に上陸できたことに一安心!

ひとまず車で宿へ向かいます。

早朝仮眠を取り(と言っても一瞬)、朝食を食べて、いざダイビング!

 まずは、ビーチで体を慣らします。

ポイントは『土方(ツチカタ)』

水温25℃、透明度20m

風は北東から、台風のウネリは南からという最悪の条件下、唯一潜れたビーチポイント

もちろん凪てはいませんが、頑張ってエントリー

チャポンと顔を付けると青く透き通った海が広がっていました。

 溶岩でできたアーチ

三宅島にはこういうアーチが沢山あります。

 そしてここでは・・・

まー君200本、シンゴ100本、タカ姉100本、ゲロミ50本、テツヤ50本の記念ダイブをお祝いしました。

皆、沢山もぐったね!おめでとう。ちょっと数本違いになっちゃった方もいましたが、ご了承を・・・

 一応、ホゲ禁にしてたので(それでもバレバレだろうけど)現地スタッフの居ない車内では大騒ぎ。

『土建モード』⇔『ホゲモード』と忙しくさせてごめんね。

 タンク待ちの港にてパシャリ・・・

辛いエントリーだった?ビーチは終わり、ここからはお楽しみのボートダイビングです。

 ウネリは高いですが、天気良いのがすくいでしたね。

ポイント:学校下(沖)

水温25℃ 透明度20m

 まずは、お馴染みのトーテム。(完全中性浮力の上級者バージョンです)

パレ様、ヒロ様、マコ様、スペシャルティ取得おめでとうございます。

これで、トーテム会員は15名程までになりました。

 2グループに分かれて潜りましたが、途中で出会えば海の中も大賑わい。

 カメさん見たり

 周りには『キンギョハナダイ』が乱舞

 お昼休憩にはこんな光景もあったそうで・・・

 お昼を挟んで3本目!

ポイント:富賀浜

水温24℃、透明度12m

やはり南側はウネウネ。

ちょっと辛かったかな?ゴメンねぇぇ・・・

 その後は温泉にて一休み!

 その後は島内最大?とも言われるスーパーにお酒の買い出しへ!

荷物を持てただけで褒められ拍手喝采のタカヒロちゃん。

 そしてお楽しみのBBQ!

 

 

 

  肉肉肉肉、焼きそば、焼きおにぎり、野菜、そして肉。

やはり食べきれなかったそうで(僕は疲れてすぐに寝ちゃったもんでして・・・)

 宴は夜中まで続いたそうな・・・

 翌朝も早朝からダイビングです。

朝5時に起きて、ご飯食べて6:30にはボートが出船!

早朝からのダイビングはホントに気持ち良い(^^)

2日目1本目は

ポイント:カタン崎

水温25℃、透明度20m

 潜降すると、素敵な景色が待っていました。

 

 

 

 サンゴも豊富で、魚影も濃い。

ホント飽きないダイビングです。

 

さてさて、最後の1本

ポイント:学校下(沖)

水温25℃、透明度20m

 みんな三宅の海に名残惜しさを感じつつ・・・

 三宅最後の海を満喫したようです。

 

 黒潮の海は、やはり素敵ですな!

 帰りの船がやってきました。

 (三宅島伊ヶ谷港にて)

 まあ、疲れてようが何だろうが最後の最後までピーピーキャーキャーな楽しい旅でしたね。

 帰りの船内では、ログ付けて、お喋りして、UNOして、ご飯食べて、寝て・・・

と、楽しくのんびりな7時間の船旅。

 竹芝到着20:40

下船後は、ターミナル前にて記念撮影!

みんなお疲れ様でした。楽しかったね(^^)

来年の開催も決定だね~(笑)

 

 

Share on Facebook
Share on Twitter
Please reload

ダイビングのログ

八丈島ダイビングツアー2018.05.25FRI~5.27SUN

May 28, 2018

1/10
Please reload

最新記事